みなさんこんにちは。

この記事を見ているみなさんは、健康意識の高くウォーキングに関して気になっている方だと思います。

最近はコロナウイルスの影響で家で過ごすことが多くより運動不足になりがちですが、そんな時こそウォーキングを初めて見てはいかがでしょうか。

ウォーキングは体にとても良いため、健康意識の高い方は是非習慣に取り入れて見てください。

今回はウォーキングを習慣に取り入れるメリットを紹介します。


ウォーキングのメリット


ウォーキングによって得られるメリットはたくさんありますが、大きく分けると下記の3つに分けられると解釈しています。

・血流促進による様々なメリット

・日光を浴びることによるメリット

・精神的なメリット

それぞれのメリットについて、詳しく説明していきます。


血流促進によるメリット

血流を良くする方法とは?3つの「温活術」で血めぐり改善! | ウェルラボ


ウォーキングをすると足の裏が刺激されます。足の裏は「第二の心臓」と呼ばれ、血液を心臓へ送り返す役割をしています。

ウォーキングに血液促進の効果があるのはこの理屈です。

血流がよくなると、「冷え性」「肩こり」「腰痛」などの改善に繋がります。

また、動脈硬化が原因で引き起こる「生活習慣病」の予防にもなります。

さらには体調管理力向上と美容効果もあります。

この理屈は血流がよくなると栄養素が体の隅々にまで運ばれるからです。

そのため体や美容に良い食事とった際、体の隅々まで栄養素が運ばれて体調管理力向上や美容効果が得られるということです。


日光を浴びることによるメリット

موقع طبي ألماني: طريقة التنفس الخاطئة تسبب نغزات في البطن | صحيفة ...


続いてのウォーキングのメリットは、日光を浴びれることです。

ここでは日光を浴びることによるメリットを紹介します。

日光を浴びることのメリットとして、「サーカディアンリズムの改善」をあげます。

サーカディアンリズムとは、体内時計のことをさしております。この体内時計の改善によって睡眠の質が高くなります。

人間は朝に日光を浴びると体内時計がリセットされ、メラトニンという睡眠を促すホルモンの分泌が収まります。

メラトニンは14~16時間後にまた分泌し始め、自然と眠くなるという仕組みになります。

このメラトニンを上手く駆使して睡眠の質を高めるためにも、午前中の10時までには朝日を浴びることをお勧めします。


精神的なメリット

誰でもわかる幸せの方程式『幸せのメカニズム』―幸せな人がもつ4つの ...


最後は精神的なメリットについて説明します。

運動をすることと日光を浴びることによって、幸せホルモンである「セロトニン」が分泌されます。

先ほど日光を浴びるとメラトニンの分泌が収まると説明しましたが、それと同時にセロトニンの分泌が開始します。

また、リズミカルな運動はセロトニンの分泌を高めてくれます。

そのためウォーキングはセロトニンを分泌し、前向きな気持ちにしてくれます。


最後に


以上がウォーキングのメリットです。

上記のようにウォーキングには様々なメリットがあります。

そしてウォーキングの最大のメリットは、「お金を必要とせずに健康が手に入ること」です!

ランニングと違って専用のシューズやウェアを購入する必要はありません。

いつも履いている靴と着ている洋服で運動ができます!


昨今コロナウイルスの影響で運動不足や日照不足の方が多いかと思います。

上位のメリットを手に入れるためにも、ぜひウォーキングを習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。



投稿者

takato

大学卒業後大手マーケティングリサーチ企業に就職。その後未経験でWEBデザイナーに転職。デザインとプログラミングとマーケティングの領域で個人のスキル向上を目指して頑張っています!