洗顔


みなさんは綺麗な肌を手に入れるために毎日洗顔していると思います。しかし中には正しい洗顔ができていないため、肌を傷つけてしまう方もいらっしゃいます。

正しい洗顔方法を身につければ、だんだんお顔の肌が綺麗になっていきます。今回は正しい洗顔方法を紹介したいと思います。

お肌にお悩みな方のお役に立てれば幸いです。

そもそも洗顔の目的は?

やる家事」よりしんどい「考える家事」の破壊力 | 家庭 | 東洋経済 ...


みなさんは毎日なんとなく洗顔をしてるかと思いますが、洗顔の本来の目的は

皮膚を健やかに美しく保ち、その生理機能を活発にすることです

汚れを落とすだけでなく、肌の機能の活性化も洗顔の目的となっております。

ただ汚れを落とすだけの洗顔方法では肌の機能低下につながってしまう恐れがあるため、そうならないためにも正しい洗顔方法を身に着ける必要があります。



洗顔をする前にやること


実は洗顔をする前にやらなければいけないことがあります。それは手洗いです。

みなさんあまり意識したことないかもしれませんが、手には常に汚れが付いております。この汚れを洗い落としてから洗顔することが必要なのです。


手を洗わずに洗顔することは、手の汚れをわざわざ顔につける行為と変わりません。
手に付着した汚れが肌につくと、肌荒れの原因になってしまいます。そうならないためにも、洗顔をする前にまず手を泡って汚れを落としましょう。



泡立てる&優しく洗う

1日の最適な洗顔の回数は?|年齢に負けないスキンケアコラム-DUO運営


洗顔クリームは泡立てましょう。泡の水分は多めにし、手のひらの窪みに乗るくらいの量が最適です。実は洗顔クリームを使用する際は注意点があります。



注意点1:ペーストをクリームにしましょう


ペーストが固まった状態での洗顔は控えましょう。ペースト状のままで洗顔をしてしまうと肌荒れにつながってしまいます。そのためペーストはクリームになるようにしましょう。



注意点2:キャップを洗いましょう


洗顔クリームのキャップはこまめに綺麗にしましょう。キャップは菌がたまりやすく、その菌が洗顔時に顔に付着してしまうことがあります。そのため洗顔の際にキャップも一緒に綺麗にしましょう。



洗顔泡が出来上がったら優しく顔につけていきます。泡だけで顔を洗うイメージで洗顔していきます。ゴシゴシ洗ってしまうと肌を傷つけてしまう恐れがあるため、優しく洗います。手のひらが顔に当たらないように心がけてみましょう。



すすぎ方

洗顔すすぎのポイント | 名古屋市中区、栄で顔剃り、久屋大通の ...


水はぬるま湯ですすぎます。温度は大体30℃くらいがおすすめです。

すすぐ際は水だけで泡を落としていくイメージです。よく男性がゴシゴシ泡を落としているシーンがありますが、あのようなすすぎ方をしてしまうと肌を傷つけてしまうため絶対にやらないでくださいね。

手のひらに水を溜めて、顔のポイントごとに泡を落としていくイメージです。すすぎはおおよそ15回くらい行えば泡を綺麗に落とすことができます。タオルを使用する際もポンポンと当てて水分を拭き取ってください。



洗顔は1日何回?


洗顔の正しい回数は朝と夜の1日2回です。



朝の洗顔


朝は顔全体を軽く洗顔するイメージで洗いましょう。昨夜に洗顔をしているため、そこまで汚れが付着しておりません。そのため汚れを落とすのではなく肌を活性化することを目的に洗顔をしましょう。



夜の洗顔


夜は顔に汚れが溜まっている状態です。特に顔のTラインは汚れがたまりやすいため、Tラインを中心的に洗顔しましょう。

30歳からはじめる、顔の正しい洗い方|ベタつきが気になるTゾーンから ...



最後に

以上が正しい洗顔の方法です。このように洗顔をすれば綺麗な肌を手に入れることができますので、心がけてくださいね。

最後まで見て頂きありがとうございました!



投稿者

takato

大学卒業後大手マーケティングリサーチ企業に就職。その後未経験でWEBデザイナーに転職。デザインとプログラミングとマーケティングの領域で個人のスキル向上を目指して頑張っています!