睡眠

みなさんこんにちは。takatoです!最近、自分の睡眠を見直してみました。睡眠は大事だと理解しつつも疎かにしてしまい、調子が悪くなった時に睡眠の大切さに気づかされます。そんな生きていく上で大切な睡眠に関して、見直して行動して改善したことがあるので、その内容を記事にまとめてみました。この見直しは今後の人生に良い影響を与えるに違いないと思っております。


睡眠負債という概念を知った


睡眠負債という言葉を聞いたことはありますか?僕は自分の睡眠を見直すまでこの言葉を知りませんでした。睡眠負債とは日々の睡眠不足が蓄積された状態のことを差し、睡眠の借金のことです。本来7時間30分の睡眠を必要としている人が毎日7時間の睡眠時間を過ごした場合、毎日30分の睡眠負債が蓄積されます。この睡眠負債の蓄積が増えることで体調不良を引き起こすのです。多く蓄積された睡眠負債は、お金と違って一括で返すことが出来ません。毎日早く寝るなりして少しずつ返していく必要があります。蓄積された睡眠不足をコツコツ返済しなければいけないと考えると、睡眠負債はなるべく抱えたくないと思いました。

今まで軽率で睡眠不足をしていましたが、睡眠負債を知り極力睡眠不足をしないよう、睡眠中心の生活に変わりました。


ベッドにいる時間=睡眠時間ではない


前まではベッドに入った時間から起きた時間を睡眠時間と思っていました。当たり前ですがそんな訳ないですよね。(笑)でも同じように考えている方がもしかしたらいるかもしれない、、、笑

当たり前ですが睡眠時間は眠りに入ってから起きるまでの時間です。ベッドに入ってから眠りに入るまでは睡眠時間に含まれません。個人差はありますが、横になってから眠りに入るまで15分ほど時間がかかるみたいです。睡眠生活の悪い人はそれ以上の時間がかかるかもしれません。この事実を再確認した時、自分は自分の睡眠時間を正しく知らないと感じました。人生で大切な睡眠を、自分自身が把握していないまま生活するのは良くないと思いました。

そこで自分の睡眠のログをとることにしました。方法は簡単で、Sleep Meisterというアプリを使用してログをとっています。このような睡眠アプリを使用したことのある方は多くいますよね。僕も過去使用していました。最近になってまた使用し始めています。睡眠アプリでは一週間や一ヶ月単位で平均睡眠時間を確認することが出来ます。そのため睡眠負債をどの程度抱えているのかすぐにわかるのです。下記は実際に毎日測っているデータです。


10月の途中から始めました。そのデータを見ると平均睡眠時間は6時間49分となっています。僕は最低でも7時間の睡眠時間を必要としているため、11分の睡眠負債を抱えていることになります。このように毎日睡眠のログをとることで、どの程度の睡眠負債を抱えているかがわかるようになります。感覚ではなくデータで判断出来るのは個人的に嬉しいです。



睡眠前に睡眠の準備をする


今まで睡眠の準備という概念がなかった。(笑)でも考えてみれば当たり前ですよね。副交感神経が優位になることで睡魔が訪れ、自然に寝ることが出来るんですからね。そのためには副交感神経を優位にする睡眠準備をしなければいけません。手法は様々ありますが、僕が最近行っているのは下記の内容です。


・1時間前に入浴為る
・部屋の明かりを暗くする
・ブルーライトを浴びないようにする
・小説を読む
・アロマの香りをかぐ

入眠したい時間の1時間前から上記の準備を行います。副交感神経が優位になったのか、とてもリラックスした状態になります。僕はそのままベッドに入って寝ます。気持ち良いです。睡眠にお悩みの方がいましたら、上記の睡眠準備を行ってみてはいかがでしょうか。


最後に

睡眠は人生の約1/3を費やすとても大切な時間です。睡眠をしっかり取ることが出来るか出来ないかで、その人の人生のパフォーマンスが変わると思います。よく成功者は睡眠上手と聞きます。その言葉の意味が深く理解できたかなと実感しました。
今回は自分の睡眠を見直した内容をまとめました。同じように睡眠を見直したい方、睡眠に問題を感じている方の参考になれば幸いです。最後までみて頂きありがとうございました。



投稿者

takato

大学卒業後大手マーケティングリサーチ企業に就職。その後未経験でWEBデザイナーに転職。デザインとプログラミングとマーケティングの領域で個人のスキル向上を目指して頑張っています!