Illustratorのポイント文字からエリア内文字に変更する簡単な方法を紹介します!

デザインdesign

みなさんこんにちは。takato@enjoying_freeです!

デザイン作業の中で文字ツールを多く使用するかと思います。しかし作成した文字枠のサイズを後で変更すると、文章の改行場所も変更する必要が発生し、手間となります。

そのような手間を省く方法があるので、今回は皆さんに紹介したいと思います。デザイン作業時間が短縮される内容なので、良かったら読んでみてください。

この記事でわかること

・文字枠を変更した際にフォント配置も綺麗に変更する方法!

ポイント文字からエリア内文字に変更する

文字ツールで作られた文章には二種類の状態があり、ポイント文字とエリア内文字の2つになります。

普段文字ツールで作成している文章はポイント文字というものになります。ポイント文字の状態だと、文字枠を変更した際文字のサイズも変更されてしまいます。

ここで文字のサイズを再度変更し、改行場所も変更するとなるとかなりの手間になります。

そうならないために、エリア内文字に変更しましょう。

エリア内文字は、文字枠の中に文章を収める働きをしてくれます。そのためエリア内文字の状態で文字枠のサイズを変更しても、文章のサイズは変更されることなく枠に収まるようになります。  

やり方は簡単です。文字ツールで作成した文章を選択して、右側にある青丸(縁だけ青)をダブルクリックしてください。

ダブルクリックすると、縁だけでなく中も青色の丸に変わると思います。そうなればエリア内文字に変更できた証拠です。

エリア内文字の状態で文字枠のサイズを変更すると、枠に合わせて文字が改行されます。

このようにエリア内文字の状態に変更すれば、文字枠の修正による文章のズレを直す必要がなくなります。

最後に

以上がポイント文字からエリア内文字に変更する方法でした。

とても簡単な作業で時間短縮に繋がります。Illustratorを使用する方は是非試してみてください。