睡眠の質を高める方法とは?

質の高い睡眠をとった女性life

みなさんこんにちは。takato@enjoying_freeです!

睡眠の質を高めたいと思ったことはありませんか?自分も同じように思っており、睡眠に関する本をいくつか読んで勉強しました。

その本の中に書いてあった知識を皆さんに共有したいと思います。睡眠の質を高めたいという方は是非読んでみてください。

スポンサー

質の高い睡眠の仕組み

まず質の高い睡眠とは何を意味しているのかを説明します。

長時間睡眠を取れば、それが質の高い睡眠になるという訳ではありません。

睡眠時間が長くても質が低ければ良い睡眠にはなりませんし、睡眠時間が短くても質が高ければ良い睡眠となります。

睡眠の質の高さは、入眠後最初のノンレム睡眠の深さで決まります。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠のふたつがあり、レム睡眠は浅い睡眠、ノンレム睡眠は深い睡眠となります。

入眠後最初のノンレム睡眠が深ければ深いほど、睡眠の質は高いということになります。

ちなみに入眠後最初のノンレム睡眠がその睡眠の中で最も深く、それ以降のノンレム睡眠の深さは最初のに比べると浅くなると言われています。

最初のノンレム睡眠を深くするには

最初のノンレム睡眠を深くするには、自然な睡魔によって眠ることが大切です。

ベッドに入ってもなかなか寝付けない状態だと、最初のノンレム睡眠は深くなりません。

ベッドに入ってスッと眠ることで最初のノンレム睡眠の質が高まります。そのためには自然な睡魔によって眠ることが大切なのです。

自然な睡魔を引き起こすには、体温の変化が大切と言われています。

人は高まった体温が下がると眠くなります。

お風呂から出てのんびり過ごしていると自然に眠くなることがありますよね?まさにその状態のことです。

そのため寝たい時間の1時間前にお風呂から出てのんびりし始めると、ちょうど良い時間に眠くなるということなのです。

また、起床後の日光浴や日中の軽い運動も自然な睡魔を引き起こす良いアクションとなります。

僕は毎日起床後に10分ほどベランダで水を飲みながら日光浴をしています。

また仕事中も頭の中をリラックスするために散歩をします。普段からこれらの習慣を取り入れることで自然な睡魔が訪れ、睡眠の質が向上します。

最後に

以上が睡眠の質を高めるための方法でした。

最初のノンレム睡眠を深くすることが大切になりますね。

そのために自然な睡魔で眠るよう、入浴時間の逆算や日光浴、軽い運動を心がけましょう!