イラレのアウトライン化はショートカットキーで2秒!!アウトライン化についても合わせて説明します!

Illustratordesign

takato@enjoying_freeです!

デザイナーやデザインの勉強をしている方は、イラレを使用しているかと思います。

イラレデータをPDF化する際に必要になってくるのは「アウトライン化」です。

アウトライン化は非常に簡単です。タイトルにある通り、ショートカットを駆使すれば2秒で行うことが出来ます。

アウトライン化を素早く行う方法と、そもそもアウトライン化とは何かについて説明します。

アウトライン化とは何か?

そもそもアウトライン化とは何かについて説明します。

結論から、アウトライン化とは「文字を図形化すること」です。

イラレには様々な種類のフォントがあります。デザイナーはアイデアに適したフォントを使用してカッコ良いデザインを作成します。

しかしアウトライン化しないでデザインを印刷すると、フォントが文字化けしてしまい、せっかくのデザインが台無しになってしまうということが起こるのです。

その理由は、イラレで作成したフォントの種類が印刷機に対応されていないということです。

紙のデザインは最終的に印刷会社にて印刷を行ういます。そのためイラレデータではなく印刷機に依存するのです。

作成したデザインのフォントが印刷機に対応されていない場合、印刷機は読み込むことが出来ないため、文字化けが発生してしまうのです。


印刷機だけでなく、イラレデータを他の人に渡す場合もアウトライン化していないと文字化けする可能性があります。

使用しているイラレのバージョンが異なると、対応されているフォントの種類が異なります。その場合はデフォルトのフォントが使用されます。


デザインをアウトライン化していると、文字が一つの図形として解釈されます。

例えば「く」というひらがなをアウトライン化した場合、「く」はひらがなのくではなくなり、「<」に近しい図形であると解釈されるのです。

このように、アウトライン化すると文字が画像と判断されます。

そのため印刷機のフォントに依存されることがなくデザイン通りのものが反映されるのです。

アウトライン化の方法

アウトライン化する方法は非常に簡単です。

アウトライン化は、「書式」→「アウトライン化の作成」で完了します。アウトライン化したい箇所を選択して行うことが出来ます。

実際アウトライン化する際はアートボード全てを選択してアウトライン化することがほとんどです。そのため全てを選択してからアウトライン化することをおすすめします。


アウトライン化する際に気をつけて頂きたいのが、アウトライン化したら必ずデータを別名保存することです。

アウトライン化した状態でデータを保存してしまうと、文字が図形に変換されてしまうため、後から文字の修正を行うことが出来なくなってしまいます。

デザインは、お客様に見せた後必ずと言っていいほど修正作業があります。その際アウトライン化する前のデータがあれば、文字の修正をワードのように行うことが出来ます。

アウトライン化してしまうと文字の修正ができないので、一から作成しなければいけません。

そうならないために、デザイナーは同じイラレデータを「アウトライン化前」と「アウトライン化後」のふたつ作成しているのです。

アウトライン化のショートカットキー

素早くアウトライン化するには、ショートカットキーを使用します。

まず、「⌘ + A」で全てを選択します。全て選択された状態で「Shift + ⌘ + O」でアウトライン化することが出来ます。

つまりアウトライン化する時は、「⌘ + A」→「Shift + ⌘ +O」で完了です。タイトル通り2秒でアウトライン化することが出来ます。

でひショートカットを駆使して素早くアウトライン化してください!

最後に

以上がアウトライン化に関する内容と2秒でアウトライン化する方法の紹介でした。

非常に大切な概念でありますが、実行するのはとても簡単です。ぜひみなさんもショートカットキーでアウトライン化してください。