Visual Studio Codeで文字を一括で置換する方法を紹介!

vsCodecoding

webデザイナーのtakato@enjoying_freeです!

コードを書いていると、既存のコードを別のコードに変換したい時があると思います。

webデザインの現場では、他人が書いたクラス名を他のクラス名に変更することがあります。

こうした際、変更箇所が複数あると一つずつ変換するのは大変ですよね。

実はVSCodeは文字の置換を一括で行うことが出来ます。今回はVSCodeで文字の置換を一括で行う方法について説明します。

この記事でわかること

・VSCodeで文字の倒置を一括で行う方法!

文字の一括置換方法

VSCodeで文字の一括置換を行う方法を紹介します。まずVSCodeでテキストファイルを開きます。

そして「⌘ + F」で検索機能を表示させてください。

変更前の文字を追加すると下記のように表示されると思います。


そして左側の矢印を選択すると、下記のように置き換えたい文字を追加する部分が表示されます。

その部分に文字を追加したら、右下にある2つの四角のうち右側の四角を選択してください。


右側の赤い四角の部分をクリックしたら、置換が完了します。

全ての文章が切り替わっているはずなので、確認してみてください。

使用するシーン

WordPressのドメインを変更する際、splファイル内に記載されている旧ドメインを新ドメインに変更しなければいけません。

しかしある程度サイトを作り込んでいると、ドメインの変更箇所が5,000個ほどに膨れ上がります。

全て一つずつ変換するととても大変な作業になりますが、Visual Studio Codeの置換機能を使用すれば一瞬で作業が終わります。

このように、ドメインを変更する場合は文字の置換をすると作業がとても楽になります。

最後に

以上がVSCodeで文字の置換を一括で行う方法の紹介でした。この方法を使用すれば短時間でコードの置換を行うことができます。

まだやったことのない方は是非行ってみてください。