初めて個人でwebデザインの仕事をしてみて感じたこと!

個人でweb制作を行なってみた感想design

takato@enjoying_freeです!

僕は現在都内の制作会社でwebデザイナーとして働いていますが、今回初めて個人でweb制作をしました。

やっていることは本業と何一つ変わらないのですが、本業と副業の2つを同時に抱えるという貴重な体験をすることができました。

個人でお金を稼ぐことを目的にwebデザイナーに転職しましたが、その目的が達成できた瞬間でもありました。

今回は個人でweb制作を行なって感じたことを皆さんに紹介したいと思います。

takato
takato

個人でwebデザインの案件を獲得した経緯と実際にやってみた感想を伝えるよ!

仕事を獲得した経緯

今回が初めての個人案件となりますが、獲得方法は友人からの依頼でした。その彼はデザイナーとして個人で働いているフリーランスで、コーディングの依頼先を探しているところでした。

無給でも良いので個人でweb制作を行いたいと思っていたので、やる旨を伝えました。そうして初めての個人でweb制作を行うことになりました。

オンラインで仕事を獲得することもできますが、個人としての実績がないためポートフォリオを作成することができません。

なので実績作りという観点でもとても良い機会となりました。

自分が携わった業務内容

自分が携わった業務内容は、webサイトのコーディングです。webサイトのデザインは友人である彼が作成したので、デザインデータを頂き作業をはじめました。

実際に作成したサイトはこちらです。

縦長1ページのサイトで、コンタクトフォームのみ別ページとなっております。

サイトデザインはどちらかというとシンプルで洗練されたイメージを与えるものでした。そのためコーディングでもその印象を崩さないように、動きを含めて作成しました。

取り組み方

僕は本業もあるので、平日のビジネスタイムは会社でwebデザインの仕事をしております。そのため平日の夜と土日で個人でのweb制作を行なっておりました。

平日は18時に仕事が終わるので、その後の1時間ほどを個人のweb制作に時間を当てました。また土日もそれぞれ4時間ほど時間を当てました。

このように少しの時間を個人制作に当てることで、本業と副業どちらも両立することができました。

感じたこと

実際に個人でのweb制作を行ってみて、感じたことがいくつかあります。

定時で帰ることをより意識するようになった

1つ目は定時で帰ることをより意識したことです。平日は会社で働いているので、意識的に時間を作らなければいけません。

元々残業はしたくないので定時で帰れるように心がけていましたが、たまに残業することがありました。

しかし個人でも案件を抱えてると、物理的に残業ができなくなります。

「残業したくない」というよりも「残業出来ない」という考えが強くなるので、何がなんでも定時で上がるようになりました。

個人で案件を抱えていなくても、仕事の後に予定を入れておけば残業しなくなりますね。

仕事に対する不安を取り除くことができるようになった

2つ目に感じたことは、仕事に対する不安を取り除くことができたということです。

本業に加え副業を行ってると、案件を複数抱えていることによる不安を感じることがあります。

僕も初めてだったということもあり、最初は不安を感じる日々を過ごしていました。

しかし作業を細分化してスケジュールに落とし込むことで、毎日どこまで作業を行えば良いのかわかります。

今日やるべきことが終わったらもう仕事のことは考えないという様に日々過ごす事が出来ました。

個人でお金を稼ぐことを実感できた

3つ目は個人でお金を稼ぐことを実感できたということです。

元々フリーランスで働こうと思っておりましたが、実績やスキルが足りないと感じたため、制作会社でwebデザイナーとして働こうと決めました。

ただ会社とは別に個人でもwebデザインの案件を行い、自分の力でお金を稼ぐことを体験したいと考えておりました。

なのでその願望が叶い、自分の力でお金を稼ぐことを実感することができました。

最後に

自分の力でwebデザインの案件を行うことができ、そしてお金を稼ぐ経験が出来てとてもよかったです。

今後はwebデザインのスキルを向上させつつ、個人案件の数を増やしていきたいと思います。

今後もこのブログを読んでいただけたら幸いです!