ランチを抜くことで得られるメリットを6つ紹介します!

life

takato@enjoying_freeです!

僕は最近ランチを抜いており、食事は朝と夜の2回という生活を送っています。ランチを抜いたきっかけは、僕の友人がランチを抜いており仕事の集中力向上やお金が浮くというメリットを聞いたからです。

それから僕もほとんど毎日ランチを抜いた生活を送っています。

僕がランチを抜く目的はダイエットではなく生活の質を向上させることです。なのでダイエットに関する内容はほとんど書いておりません。

実際にランチを抜いてみて生活の質がどのように向上したのか、得たメリットは何かを皆さんに紹介します。

takato
takato

ランチ抜き生活のメリットと無理なく継続するコツを紹介するよ!

メリット1.集中力が向上する

1つ目のメリットは集中力が向上することです。ランチを抜くことで集中力が向上し、仕事の生産性が高まります。

今までは当たり前のようにランチを取っていましたが、ランチを取ると食後特有の睡魔が訪れます。これはインスリンの影響です。

食事で炭水化物を摂取すると血糖値が向上します。向上した血糖値を下げるために体内にインスリンという物質が活発になるのですが、このインスリンが活発になると睡魔を感じるのです。

糖尿病患者がインスリン注射を打つと睡魔を感じるのはこういう原理だからです。

食事の最初に食物繊維を摂取することで血糖値の向上を抑えることができますが、100%抑えられるわけではありません。そのため食事を取らないことが睡魔を感じない一番の対策法となるのです。


食後の睡魔は個人差ありますが1〜2時間ほど感じることがあります。その間は集中力がかなり低下しています。

午後仕事に集中できていなくて残業するのは時間の使い方が非常に悪いですよね。しかしランチを抜けば睡魔を感じることがなくなり、集中力の高い状態をキープすることができるのです。

また、少しの空腹は集中力を促す効果があります。人は適度な空腹状態の際に高い集中力を得られるのです。

メリット2.お金が浮く

2つ目のメリットはお金が浮くことです。ランチ代は1回で500〜1,000円の料金が発生します。1ヶ月の内会社に行くのが20日間だとすると、10,000〜20,000円ランチ代にお金を使うことになります。

しかしランチを抜くことで上記の金額が自由なお金になります。考え方によってはランチ代を抜くことは月収を1〜2万円あげることになるのです。年間にすると10~20万円ほどです。


忙しくてランチをコンビニで購入している人も多くいると思います。その度に本当に欲しいもの以外にもお金を使っていませんか?

必要のないドリンクやチョコレートなどのお菓子にお金を使うのは非常に持ったいない行為です。一度自分のコンビニでのお金の使い方を見直してみると良いかもしれませんね。

メリット3.人より多くの時間が作れる

3つ目のメリットは、人より多くの時間を作ることができることです。

毎日ランチに1時間使っていると思いますが、ランチを抜くことでその時間を自分の時間にすることができます。1時間人よりも多くの時間を手にすることができるのです。

その1時間の使い道は様々あります。会社の仕事に使えば早く家に帰ることができますし、副業などに当てれば収入が増えることにもつながります。

僕はランチの1時間を使ってブログ記事を書いています。仕事の合間に個人の活動を行うことで頭が切り替えられ、スッキリするのでおすすめです。

ランチ後の睡魔もないので、午後もパフォーマンスの高い状態で仕事をこなすことができます。

メリット4.ランチに悩む必要がなくなる

4つ目のメリットは、ランチに悩む必要がなくなることです。

ランチを取っていた時期は、お昼前になると何を食べようか考えたり悩んだりしていました。しかしその時間は仕事に集中できていない状態ですし、生産性が下がります。また、人は意思決定の回数が多いほど脳が疲れやすくなります。

ランチを抜くことでランチに悩む時間がなくなり、また意思決定の回数も抑えることができるので脳への負担の減ります。

メリット5.夜ご飯が美味しくなる

メリット5つ目は、夜ご飯が美味しく感じることです。

ランチを抜くことで空腹状態が続きます。長い空腹状態の後でご飯を食べると、食事が美味しく感じます。

空腹の状態で食べる食事はなんでも美味しく感じることができるので、食事の有り難みがわかるようになります。

メリット6.太らなくなる

6つ目のメリットは、太らなくなることです。

1日3食当たり前と言われていますが、一方で1日3食は食べ過ぎだという意見もあります。僕は朝と夜をしっかり食べているので、ランチを抜いてもきついと感じることはありません。

ランチを抜くことで1食分摂取量が少なくなります。自分が少し太っていると感じる方は、ダイエットとしても効果があると思うので、是非ランチを抜いてみてください。

ランチ抜き生活を続けるコツ

ランチ抜き生活を続けるコツは、無理せず少しづつ行うことです。

普段3食しっかり食べている人がいきなりランチを抜くと、空腹に耐えることで頭がいっぱいになります。そっちに意識が抜いてしまうと仕事や勉強が集中できなくなります。

そうならないためにも初めは2日に1回ランチを抜くなど間隔をあけて取り組んでみてください。


ランチを抜くと摂取できる栄養が少なくなります。そのため間食で補うことを意識してください。

普段食べている食事の種類や量で不足する栄養素は異なるため一概には言えませんが、ナッツは間食におすすめの食べ物です。

ナッツには食物繊維、ミネラル、ビタミンE、不飽和脂肪酸などが含まれており、栄養素の豊富な食べ物として知られています。

ランチを抜いた日の午後にナッツを軽く食べることで、程よい空腹を維持することができます。


また、ランチを抜く際は水分を意識的に摂取してください。僕は普段水とお茶とコーヒーを飲んでいます。ランチを抜く代わりにこれらを多めに摂取しています。

特にブラックコーヒーは1日に3杯ほど飲むと体に良いと研究結果が出ています。朝、昼、夕方に1杯ずつコーヒーを飲むことをお勧めします。

最後に

以上がランチを抜くことのメリットの紹介でした。ランチを抜く生活はお金や時間を生み出すだけでなく、食事の幸福度まで高めることができます。

皆さんもランチを抜いて、1つ質の高い人生を送ってみてください。

takato
takato

無理の無いように少しづつランチを抜いていってね!