投資信託とは?投資信託の特徴や始め方・投資方法など幅広く説明します!

投資信託とは?投資信託の特徴や始め方・投資方法など幅広く説明します!money

takato@enjoying_freeです!

この記事を読んでいるあなたは投資を始めてみたいと思っていませんか?今のご時世銀行に貯金していてもお金はなかなか増えませよね。

でも今まで投資したこと無いし、投資について詳しく無いという方も多くいるかと思います。

この記事を読んでいる方の中で、投資信託という言葉は聞いたことがあるけど具体的なことは何も知らないという方が多くいるのではないでしょうか?

そんな方向けに、投資信託の特徴や始め方、購入方法などをまとめました。

投資信託の基本的な内容を抑えたいという方は、この記事を最後まで読んでみてください!

takato
takato

投資信託の特徴・始め方・購入方法などを説明するよ!

投資信託とは何か

投資信託がどのような投資かという方向けに、投資信託の基本的な内容を説明します。

投資信託とは、

ファンドマネージャーが投資家からお金を預かり代わりに運用する投資方法

です。

一般的な投資は投資家である自分自身が株や債券を売買しますが、投資信託はファンドマネージャーが代わりに売買してくれるため、投資家が行うことはお金を預けるだけです。

ファンドマネージャーが運用して利益が出たら、投資家に分配する仕組みとなっております。これが配当金と言われるものです。

自分で売買する自信の無い投資初心者や売買する時間が無い忙しい方向けの投資方式です。




もう少し細かく説明していきましょう。

投資信託には金融商品という投資の対象となるものがあります。そしてこの金融商品には様々な種類があります。

< 金融商品の種類 >
・海外企業株の売買に特化したもの
・国内の不動産に特化したもの
・海外債券の運用に特化したもの
など


投資家は金融商品を1つ以上決め、その金融商品に投資を行います。

例えばあなたが日本の上場企業株を扱う金融商品に投資したい場合は、日本の上場企業株を取り扱う金融商品を探し、投資を行います。

そしてその金融商品を扱うファンドマネージャーが預かったお金を使用して上場している日本企業株の売買を行います。

ここで注意して頂きたいのが、同じ国内株の売買を行う金融商品であっても、金融商品ごとに取り扱う企業の株が異なります。当然違う値動きをします。

金融商品の内訳については、金融商品ごとに公開しているレポートで確認することができます。




ちなみに、売買する企業株を投資家が決めることはできません。ファンドマネージャーが株の動向を見て判断し売買します。

投資家が決められるのは、金融商品の売買のタイミングとその際の金額くらいです。

このように投資信託は投資したい金融商品にお金を預け、ファンドマネージャーが代わりに運用してくれるという投資方式なのです。

売買する企業株を自分で決めたいという方は、投資信託ではなく普通の株式投資を行ってください。




また、投資信託も他の投資と同様に手数料がかかります。手数料が発生するタイミングは下記の通りです。

< 手数料が発生するタイミング >
・金融商品を購入する際 → 買付手数料
金融商品を売却する際 → 売却手数料


買付手数料と解約手数料のパーセンテージは金融商品や証券会社によって異なります。
※買付・解約手数料が発生しないものもあります。


さらに信託報酬という手数料もあります。

信託報酬はファンドマネージャーへ支払う報酬で、運用費のようなものです。

年に1回ファンドマネージャーに支払います。(投資額から自動で引かれます)

信託報酬は金融商品によってパーセンテージが異なるので、購入前に確認してください。


投資信託とは何か?

・ファンドマネージャーにお金を預け、運用してもらう投資方式

・投資家は、好きな金融商品を選びお金を預けるだけ

・投資信託は買付手数料・売却手数料・信託報酬という手数料が発生する


投資信託の特徴

先ほど説明した通り投資信託には数多くの金融商品が存在します。そしてそれらの金融商品は、6つのカテゴリーに分かれています。

< 金融商品の6つのカテゴリー >
1. 国内株式
2. 海外株式
3. 国内債券
4. 海外債券
5. 国内リート
6. 海外リート

株式・リート・債権の3つのカテゴリーがあり、それぞれ国内と海外のものがあるという形になっています。


6つのカテゴリーの金融商品全てを購入しなければいけないというわけではありません。1つのカテゴリーに特化して投資する方もいます。

それぞれのカテゴリーについて、下記で説明します。

株式(国内・国外)

株式は国内・海外企業の株を売買し利益を出すことを目的とします。ファンドマネージャーが利益を出そうと株の売買を行ってくれます。


海外の株を扱う金融商品に投資をする場合は、どの国の企業にどれくらい比重を置いているか確認することをお勧めします。

例えばあなたが先進国の株を扱う金融商品とアメリカ企業の株を扱う金融商品の2つに投資をしたとします。もし先進国の株を扱う金融商品の内、8割がアメリカ企業株の売買をしていた場合、2つの金融商品は同じような値動きをしてしまいます。

同じ値動きをした金融商品を複数保有してしまうと、分散投資の意味がなくなってしまいます。

そうならないためにも金融商品の内訳を確認するようにしましょう。内訳は金融商品のレポートを見ることで確認できます。


株式は他の2つの金融商品に比べて値動きが激しく、ハイリスクハイリターンの金融商品となります。そのため多くのリターンを求める積極的タイプにおすすめな金融商品となります。

債券(国内・国外)

債券とは、政府や会社が投資家からお金を借りる際に発行するものです。発行した債券を投資家に購入してもらうことで投資家から直接お金を借りることができます。

債券の返済方法は銀行のローンと異なり、利息として毎年一定額の現金を渡します。そして期間が終わったら元本をまとめて返済するのです。

利息額が決まっていることや満潮期に元本が戻ってくるという点から、債券は株式に比べて値動きが激しくないものとなっています。そのためローリスクローリターンの金融商品と思ってください。

リート(国内・国外)

リート(REIT)とは不動産型の投資信託のことです。投資家から集めたお金で専門家がオフィスやマンションを購入し、賃貸にしたり売却したりして利益を出すことを目的にしています。

一般的な不動産投資は多額の投資額を必要としますが、リートであれば少額で不動産投資を行うことができます。

株式・債券同様に国内国外のリートを購入することができます。債券と比較するとリートの方が値動きが激しいものとなっております。

バランス型

先ほど伝えた6つのカテゴリーの他にバランス型というものがあります。バランス型というのは「国内株式」「海外株式」「国内リート」「海外リート」「国内債権」「海外債権」の6つのカテゴリーに均等に投資してくれる金融商品のことです。

6つのカテゴリーごとにそれぞれ金融商品を決めるのが大変という方でも、バランス型の金融商品1つに絞って投資するだけで自動で6つのカテゴリーに分配してくれます。

初心者の方や6つのカテゴリーに均等に投資をしたい方向けの商品です。


1つの金融商品で6つのカテゴリーに自動で投資をしてくれるのでメリットでしかないと思われがちですが、バランス型にもデメリットは存在します。

デメリットは下記の2つです。

< バランス型のデメリット >
1. 6つのカテゴリーに均等に投資されてしまうこと
2. 値動きの要因がわからない

それぞれ説明していきます。

デメリット1. 6つのカテゴリーに均等に投資されてしまう

先ほど説明した通りバランス型は投資信託の6つのカテゴリーに投資してくれます。しかしその割合が均等になってしまうという点がデメリットになります。

投資にはいくつかスタイルがあり、大きく分けると攻める投資と守る投資に分かれます。

攻める投資は、値動きの激しい株式の割合を大きくすることで利益を出すという運用方法です。

反対に守る投資は、値動きの穏やかな債券の割合を大きくすることで損失を回避するという運用方法になります。

このように、投資スタイルに応じて株式や債券の割合を変更する必要があるのです。しかしバランス型の投資信託では6つのカテゴリーそれぞれの割合を変更することができないため、均等に投資するスタイルにならざるおえないのです。

攻め・守りどちらのスタイルとも相性が悪いので、均等に投資をしたい方のみおすすめとなります。

デメリット2. 値動きの要因がわからない

バランス型の場合、利益・損失の要因がどのカテゴリーなのかがわからないというデメリットがあります。

国内外の株式や不動産、債券を保有している方は、それぞれの値動きを把握することができます。値動きを見て投資の割合を変更することができます。

しかしバランス型の場合は、それぞれのカテゴリーの値動きがわからないので、どのカテゴリーが増加減少しているか判断することができないのです。


多くの投資家は、6つのカテゴリーそれぞれに特化した金融商品を保有しております。各カテゴリーの値動きを定期的に確認して、投資の割合を変更しています。

バランス型だと割合を変更することができないので、自分の投資スタイルを考えて購入してください。

投資信託の特徴

・国内国外の株式、不動産(リート)、債券があり、6つのカテゴリーに分かれている

・バランス型という金融商品もあり、6つのカテゴリーに均等に投資してくれる

・バランス型は6カテゴリーに均等に投資されてしまう、値動きの要因がどのカテゴリーにあるかわからないというデメリットがある


投資信託の始め方

投資信託の始め方について説明します。投資信託は下記の3つのステップで始めることができます。

投資信託の始め方

1.証券口座の開設

2.入金・クレジットカードの登録

3.金融商品の購入


それぞれ説明していきます。

証券口座の開設(選定基準も説明)

証券口座の開設は、証券会社に口座開設の申請を行えば出来ます。オンラインで申請できる証券会社もあるので、証券会社に行く必要はありません。

証券口座は銀行口座と同じように現金を入れておく場所になります。投資をする際は証券会社の口座に入金されている現金を使用します。

つまり証券口座は投資資金を預ける場所と認識してください。ちなみに配当金の利益もこの証券口座に振り込まれます。

証券口座への入金は普通の銀行口座から行うことが出来ます。また証券口座にある現金を銀行口座に送ることもできます。


証券会社は複数あるのでどの会社で口座を開設すれば良いか悩みますよね。

僕は証券会社の決め手が2つあり、1つ目は手数料の安さでした。僕が使用している証券会社はSBI証券ですが、ネット証券会社の中でも手数料が非常に安いのです。

手数料は商品の買付・売却の際に発生します。資産を運用する際はこの買付・売却は高頻度で行う必要がありますが、手数料が高いと長期的に見て多くの金額が損失します。投資をする上で手数料は安く抑える必要があります。

その点SBI証券はネット証券会社ということもあり、手数料が安く抑えられています。それが1つ目の決め手です。

2つ目の決め手は自分が保有しているクレジットカードで投資を行うことができるという点です。

僕は三井住友カードを保有しております。実はSBI証券は三井住友カードで投資を行うことができるのです。

クレジットカードで投資を行うことができる証券会社はまだ少ないです。ちなみに楽天証券(楽天カードで投資)は可能です。

クレジットカードで投資を行うメリットは、ポイントが還元されることです。

金融商品を購入するとポイントが還元されます。ポイントの還元率が1%だった場合、投資をしただけで1%の利益が出るのと同じです。

さらにそのポイントで投資を行うことができる証券会社もあります。SBI証券は三井住友カードで還元されたVポイントで投資を行うことができるのです。(2021年11月現在はまだ開始されていません)

還元されたポイントも投資に使用することができるので、現金で投資するよりもクレジットカードで投資した方がお得です。


以上の2点が僕の証券会社を決める選定基準でした。

入金もしくはクレジットカードを登録する

証券口座を開設したら、その口座に入金 or クレジットカードを登録します。

先ほど説明した通り、クレジットカードで金融商品を購入することが可能ならカードで購入してください。もしカードで投資が出来ない場合は現金を入金してください。

口座への入金方法は、普段使用している銀行口座から証券口座への振り込みとなります。銀行口座から証券口座への振り込みは、振り込み手数料がかかりません。

振り込みが終わると証券口座に入金され、証券会社のサイトなどで確認することができます。

金融商品を購入する

金融商品の購入は証券会社のHPから行うことができます。購入する金融商品を選択し、金額買付・口数買付、積立買付のどれかを選択してください。金額を指定して購入ボタンを押すと購入が完了します。

買付に関する内容は次の「投資信託の投資方法」で説明しますね!

購入してからHPに反映されるまで時間がかかりますので、焦らず待ってくださいね。

投資信託の投資方法

投資信託の投資方法を紹介します!

金額買付・口数買付・積立買付・つみたてNISA買付がある

投資信託の購入方法には金額買付口数買付積立買付つみたてNISA買付があります。また、金融商品によっては「積立買付」と「つみたてNISA買付」が無いものもあります。

大きく分けると金額や口数を指定して購入する方法か、毎月指定日に購入し積み立てる方法の2パターンです。

「金額・口数」は好きなタイミングで購入することができます。「積立買付・つみたてNISA買付」は毎月同じ日に購入し積み立てる方法になります。違いはその都度購入するか一定間隔で購入するかです!

既に資産がある方は、金額買付や口数買付で金融商品を購入しファンドマネージャーに運用を任せる方法がおすすめです。

資産が無い方は、毎月少額で金融商品を購入し運用していく積立買付がおすすめです。特に20代はまだ資産が無い方がほとんどなので、積立買付で資産を作りつつ運用するスタイルが良いと思います。積立買付についてもう少し説明しますね!

積立買付の詳細

積立買付にはつみたてNISAというものがあり、年間40万円までつみたてNISA枠で金融商品を購入することができます。

つみたてNISA枠で購入するメリットは、投資で利益が出ても税金を支払う必要が無いということです。

本来投資で利益が発生した場合、その利益に対して税金が課せられます。税金は20.315%で、所得税が15.315%、住民税が5%となっております。

本来所得税は15%なのですが、復興特別所得税という東日本大震災で被害にあった地域を復興させるための支援金として0.315%が上乗せされています。こちらは2037年まで対象となります。

投資で収益が発生した場合はその収益額に対して20.315%の税金が課せられるのですが、つみたてNISA枠で購入した金融商品に対しては非課税になるのです。

つみたてNISA枠は先ほども伝えた通り年間40万円となります。そして継続期間は最長で20年間なので、800万円の投資に対する税金が非課税になるのです。

つみたてNISAは積立買付の部類に含まれるので、積立買付と同じ購入方法になります。毎月33,333円までつみたてNISA枠として積立投資を行うことができます。

毎月5万円を積立買付にしたい場合は、33,333円をつみたてNISA枠にして残りの金額を積立買付として購入することができます。その場合16,667円分は課税対象となります。

投資信託は長期的に投資することが大切

投資信託は長期的に投資することが大切です。

金融商品を保有していると利息を受け取ることができます。この利息は換金することもできますが投資に回すことも可能です。

利息を保有している金融商品に再投資することで、次回からはその利息に対しても利息が発生するのです。このことを複利と言います。

金融商品を長期的に保有することで、複利を回す機会が増え、多くの利息を手にすることが出来ます。


また、長期的に積立投資を行うこともメリットがあります。

当たり前ですが金融商品の価格は日々変動しており、高い時もあれば安い時もあります。

長期間一定の間隔で金融商品を購入し続けることで、価格変動の平均値に近い値を取ることが出来ます。このことをドルコスト平均法と言います。

ドルコスト平均法を利用することで価格が高い時の大量購入を避けることが出来るので、リスクを抑えることが出来ます。そして先ほどの複利を合わせることで利益を出せる可能性を高められるのです。

最後に

以上が投資信託の特徴・始め方・購入方法をまとめた内容でした。投資信託の基本的な内容を押さえることができましたか?

もし投資信託を始めてみたいと思ったら、証券会社を調べてみてください。自分が普段から使用しているクレジットカードで証券会社を決めるのもありです。

僕と同じく三井住友カードを保有している方は、SBI証券がおすすめです。楽天カードユーザーは楽天証券が良いと思います。

その他の証券会社に申し込む場合は、手数料を軸に吟味してみてください。

takato
takato

時は金なり。金融商品を長期間保有し複利を利用して資産を増やそう!